[PR] 人材紹介

スポンサーサイト

【楽天】ネット限定特別割引商品一覧

バッグ・小物・ブランド物ジュエリー・腕時計DVD・CDゲーム・おもちゃ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

...続きを読む
ブログアフィリエイトで日給8万円

2008年の新型車

【楽天】ネット限定特別割引商品一覧

バッグ・小物・ブランド物ジュエリー・腕時計DVD・CDゲーム・おもちゃ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080101-00000004-fsi-ind

車好きの友人がいて……
なんか詳しいです

 東京モーターショーの開催や相次ぐ小型車、スポーツカーの投入など話題の多かった昨年の自動車業界。しかし、少子高齢化や若者のクルマ離れもあって、国内新車販売は長いトンネルから抜け出すことはできなかった。自動車各社は、新車市場を活性化しようと模索するが、多くの消費者を引きつけるような新型車の登場はあるのか。2008年の国内自動車市場の動向を占った。

 ■国内浮沈のカギ握るトヨタ

 落ち込む国内販売にあって、昨年、唯一気を吐いたのがコンパクトカーだ。マツダが夏に「デミオ」を、ホンダが秋に「フィット」をそれぞれ全面改良して投入。好調な売り上げを記録するとともに、各種のカー・オブ・ザ・イヤーも受賞するなど高い評価を受けた。

 この流れは今年も続くことになりそうだ。軸になるのはフィット。昨年11月の新車販売台数で4年ぶりに軽自動車以外で首位に輝き、12月には国内累計販売が100万台を突破した。新型フィットは月販1万2000台の目標を軽々と超えるペースで推移しており、今や「国内のエース」(ホンダ)。新年に入ってもトヨタ自動車の「ヴィッツ」と並び小型車の本命といえるだろう。

 他社も小型車部門での新車投入に抜かりはない。日産自動車は秋にも居住性を重視した小型車「キューブ」を全面改良して発売する見通しだ。地方の販売店からも「そろそろ数を売れるクルマを」と求める声もあり、派生車と合わせて月販1万~2万台を売り上げる最量販車の登場に期待が膨らむ。また、トヨタも「シエンタ」の後継モデルを投入する可能性が指摘されており、コンパクトカーが市場を引っ張る状況は続きそうだ。

                 ■  ■

 軽自動車に集まる期待もさらに大きくなっている。昨年公表されたデータでは、「2世帯に1台の割合で保有」「自動車の3台に1台が軽」など普及拡大が一層進んでいる。

 その軽市場で最も注目を集めそうなのが、スズキの「ワゴンR」。3代目の現行モデルは03年秋に発売されたが、4年以上を経た今も販売は落ちていない。新車全体の販売ランキングで、常に首位争いを続けるベストセラーカーだ。

 4代目ワゴンRは夏ごろに発売される見通しだが、「これまでの概念を大きく変えるものになるのでは」(関係者)との声もあり、注目度は極めて高い。また、軽市場ではダイハツ工業が昨年末に第3の柱と位置づける新型「タント」を投入。スズキ対ダイハツのシェア首位争いも熾烈(しれつ)を極めそうだ。

                 ■  ■

 メーカーではやはり最大手であるトヨタの動向に注目が集まる。トヨタは昨年5月以降、新型車を11車種も投入する異例の大攻勢に打って出た。しかも他社と違い、「マークXジオ」など国内専用車が多く含まれており、低迷する国内市場の活性化を強く意識していたことがうかがわれる。

 狙い通り、トヨタの新車販売は昨年10~11月に前年比6~7%の増加に転じ、10月の国内シェアは初めて50%を超え、底力を見せつけた。国内市場浮沈のカギをも握るトヨタだが、今年は高級セダン「クラウン」などが全面改良の時期にあたっており、引き続きかなりの数の新型車投入が予想される。

 日本自動車工業会の張富士夫会長(トヨタ自動車会長)は「08年も国内景気は07年と同様にゆるやかな回復が続く。良いクルマは出てきている」と話す。原油高などの懸念材料も多いが、各社にとって国内市場の活性化を模索し続ける1年でもある。

 ■高級車、ブランド力強化

 コンパクトカーが主流を占める国内新車市場だが、活気を取り戻せるかどうかは、高級車の動向にかかっている。

 2008年の高級車市場は、ブランドの個性をこれまで以上にどう高めていくかが勝負となる。トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が品ぞろえを増やせば、迎え撃つメルセデス・ベンツ、BMWのドイツ勢はこれまで培ってきたブランド力に加え、欧州仕込みの環境技術で新たな顧客の獲得に乗り出す。その動向は日産自動車やホンダなど高級車市場の切り崩しを狙うメーカーの戦略にも影響を与えるだけに、目が離せない。

 輸入車の国内販売は1996年以降、減少傾向にある。昨年1~11月の新車販売実績では、レクサスは旗艦車種「LS」投入の効果から前年比18・3%増。一方でベンツは7・3%減、BMWは3・9%減と落ち込んだ。

 国内の高級車市場は長い間、ベンツ、BMWといったドイツ勢の独壇場が続いてきた。その市場に風穴を開けたレクサスも参入から3年を迎え、トヨタ顧客層の枠を超えた新たな戦いの段階に入る。日本車ならではの機能性と、トヨタ独自のハイブリッドを組み合わせた「和のラグジュアリー感」で勝負する腹づもりだ。

 今秋には、トヨタが高級SUV(スポーツ多目的車)「ハリアー」の後継モデルをレクサスブランドの「RX」で投入する可能性が強い。昨年は新型車ラッシュに沸いたトヨタだが、今年もその波に乗ってブランドの確立を抜かりなく進める考えだ。

 対する輸入車勢は、培ったブランド力に「地球への優しさ」を加えた戦いを挑む。ディーゼル乗用車を日本市場で唯一市販するメルセデス・ベンツ日本は、昨年末から世界でも厳しい規制とされる日本の「新長期排出ガス規制」に適合したモデルを発売した。ハンス・テンペル社長は「厳しい規制があってもクリアしていく技術力を証明した」と胸を張った。他の欧州勢がディーゼル乗用車の投入に踏み切るかどうかも注目だ。

 次世代エコカーとして、水素を直接燃焼させる「水素自動車」に注力するBMWは昨年後半、日本各地で水素社会実現に向けた一大キャンペーンを展開した。欧州だけで行っている水素自動車のリース販売を日本市場に広げる可能性もある。

 ■ディーゼル戦争幕開け

 自動車業界にとって、最大の課題は燃費を含めた環境対応。ガソリン高騰もあって、環境に対する消費者の意識は高まる一方だ。各社とも環境対応車の開発にしのぎを削っているが、今年は環境の面でも節目の1年になる。

 現在、国内ではハイブリッド車が環境対応車の主流で、「プリウス」を擁するトヨタ自動車が他を圧倒している。昨年12月に発売10周年を迎えたプリウスは、今年中に世界累計販売が100万台を突破することが確実。世界トップレベルの燃費性能への評価は高く、トヨタは今年もハイブリッド車を多くの車種に展開するとみられる。

 ホンダは今秋、走行性能を大幅に向上した燃料電池自動車「FCXクラリティ」を国内で一般向けにリース販売する。燃料の水素と空気中の酸素を化学反応させて取り出した電気で走行する燃料電池車は、排出されるのが水だけという「究極のエコカー」。水素を供給するインフラ整備がネックだが、ホンダの新型車投入が普及に向けた“一里塚”になることは間違いない。

 一方、新たな環境対応車として注目されているのが、排ガスの浄化性能を大幅に高めたクリーンディーゼル乗用車だ。ディーゼル車は真っ黒な排ガスを吐き出すイメージが強く、日本でディーゼル乗用車はまったく根付いていないが、今年は日本でも「次世代ディーゼル戦争」の火ぶたが切られそうだ。

 日本メーカーの背中を突き動かすのは、世界規模で強化される排ガス規制や燃費基準。日産自動車はこれを商機拡大の好機ととらえ、SUV(スポーツ多目的車)「エクストレイル」に新開発ディーゼルエンジンを搭載し、今秋に国内投入する。2010年にはディーゼル車の普及率が低い米国にも投入する計画だ。

 ホンダも虎視眈々と参戦の機会をうかがう。浄化性能に優れた新触媒を採用したディーゼルエンジン搭載車を開発し、世界で最も厳しい規制が適用される米国に09年までに投入。続いて日本でも発売する方針だ。

 トヨタも資本関係にあるいすゞ自動車と共同で次世代エンジンの開発を進めることで合意。12年ごろの生産開始を目指し、すでに欧州向けトヨタ車に搭載する排気量1600ccの小型エンジンを開発する計画だ。

 ディーゼル車はガソリン車に比べ燃費に優れ、二酸化炭素(CO2)排出量が少ない。新車販売に占めるディーゼル比率が約5割という欧州市場の攻略には、ディーゼル乗用車の拡充は必須条件とされてきた。環境問題や原油高を背景に、日本や米国などの未開拓市場でもディーゼル投入の機が熟しつつある。
スポンサーサイト

...続きを読む
ブログアフィリエイトで日給8万円

テーマ : 気になるニュース - ジャンル : ニュース

コメント

[色:FF0000][太字]星野真里が脱いじゃった[絵文字:e-414]んーヤ バス映 像ダネ[絵文字:e-284][/太字][/色]演技派女優と言われている星野真里[絵文字:e-251]金八

星野真里が脱いじゃったe-414んーヤ バス映 像ダネe-284


演技派女優と言われている星野真里e-251

金八先生の娘、乙女ちゃんe-113としても有名な星野真里さんですが、さよならみどりちゃんでは大胆なヌ ードに挑戦し、西島秀俊さんとの濡 れ場などでスリムできれいな裸 体を魅せてくれますe-317
http://negiumai.mad.buttobi.net/


今回e-463入手したのはそんな彼女が体当たりで挑んだ2005年の映画「さよならみどりちゃん」でのヌ ードシーンe-414
http://negiumai.mad.buttobi.net/

サプリメントと30代,40代の転職

サプリメントとは、「栄養補助食品」のことで、ビタミンやカルシウムなど、健康に良いとされる栄養素を補給する健康食品のことをいう http://symbiosis.photobycolin.com/
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。